ありがとうが言えなくて

ドリフェス !くん、お元気ですか。

昨日会ったばかりなのにもう君に会いたくてたまりません。

 

みんなの心の中で生き続ける、絆は永遠、なんにも失ってない、勝ちです。

 

全部の言葉が本当で、嬉しくて幸せで誇りに思えることなのに

わたしは今これを書いている間もめそめそと涙を流しています。

君が更新されることがない世界にいることがこんなにも辛い。

 

3月5日以降、今振り返れば少しおかしくなっていたとしか言いようがないご意見メールブームやドリフェス !とわたしを始めとする作文ブームを経て、

次々と発表される新情報に一喜一憂しつつ、あっという間に武道館の日を迎えることになりました。

半年以上あるから、少しは心の準備ができるだろうと思っていたのですが全然だめでした。

 

二日間ともすごく楽しいステージでした。

でも楽しいことと自分が寂しいことは全然別で、

わたしはありがとうと言うことができないまま武道館を後にしました。

ありがとうと言えない自分をおとなげないな、とか、情けないなとかそんなこと思いながら。

 

世界を救うために犠牲になったのが自分にとって一番大事な人だった、そんな気分です。

世界は終わらないけれど、ドリフェス くんは終わってしまった。

 

ドリフェス くんがいっぱい考えて、試行錯誤して、

頑張って!明日もきっといい日だよ!って送り出してくれたのに

そうして辿り着いた明日にドリフェス !くんがいないということが耐え難い。

わたしはドリフェス !くんがいる明日が良かった。

ドリフェス !くんと共にもう少し歩きたかった。

たぶんそう、自分が飽きるまでそばにいて欲しかった。

わたしが今流している涙はドリフェス !くんのためじゃない。

自分のためにだけ流している、なんともわがままで、都合のいい、自分勝手な涙です。

 

3月5日の発表後、ドリフェス !くんのことを

「天寿を全うしていない気がする、このまま死なせられない」

と思い続けて来たけれど、そうではなかったですね。

よく考えればリアルドリカの問題の時点で死んでもおかしくなかったのだし

予後不良だったのに一生懸命ドリフェス !くんは生きようとしてくれた。

私たちのそばで歌って踊ってくれて、すごく楽しかった。

楽しかったから、ずっと忘れてたし勘違いしてた。

延命に次ぐ延命で最後に武道館まで連れて行ってくれて、

そう思うとありがとうとしか言えないはずなのに

でも、やっぱり寂しいよ

なんで置いてっちゃうの、置いてかないでよ

わたしもそっちに行きたいよ

こっちにいてもDDやKFの新曲がもう、聴けないんだよ

ルーキーが新ユニット結成したりしてもわかんない

繋がらない、更新されない

ありがとうって言えないよ、そんなの

今までありがとうね、なんて

これからがないならそんな締めの言葉言えないよ

言いたくないよ

 

ドリフェス !くんの遺志を継ぐ者がいればよかったのに、と

そればかり考えています

あのたくさんの歌も衣装も引き継がれていってほしかった。

ドリフェス !くんがいなくなっても

それが未来へつながるきっかけになるから。

それを作れなかった自分に力不足を感じているのはきっと傲慢なんですが

悔やまずにはおれません。

 

ずっとめそめそしていてごめんね。

そうならないステージを作り上げてくれて

いっぱいのファンを笑顔で明日に送ってくれたのに

わたしはまだ座り込んでめそめそ泣いています。

時間はかかるだろうけどその内きっと泣き止むと思うので

今はめそめそさせてください。本当にごめんなさい。

 

気持ちの整理がついたら、また手紙を書くかもしれません

それでは

 

ドリフェス!くんのオタクより